【メンバー紹介】“興味”からはじめよう
見出し画像

【メンバー紹介】“興味”からはじめよう

はじめまして!Cafe de 寺子屋のメンバーの岡山琴音です。岐阜県の大学に通っています。教育学部で特別支援教育を専攻しています。

教育関連のことを学び、教育ボランティアであるCafe de 寺子屋に所属している私ですが、将来教育関連の職に就きたいのかと問われると、はっきりしない部分があります。

私が、寺子屋に入った理由としては、高校時代の思い出が大きいです。私は、テスト週間や受験前は友人と図書館へ行って勉強していました。もちろん、集中できるからという理由もありましたが、いっしょにお昼ごはんを食べに行ったり、休憩としてコンビニに行き、肉まんなどを食べたりという時間が楽しかったことを覚えています。ここで大切なのは、勉強を苦にしないことだと思っています。私の場合は、今日は何時間できた!と思うと達成感を感じるとともに自己肯定感を上げることができました。
そして、勉強は興味から始まるものです。興味があればなんでもできる!(笑)言い過ぎかもしれませんが、私は、高校では文系だったのにも関わらず、興味だけで、大学で特別支援教育とともに理科についても学び始めたのであながち間違っていないかもしれません。高校時代も、古典や世界史など、難しい、わからないといいながら、なんだかんだ楽しんでいました。古典や世界史は十分楽しんだから、次は理科がやりたいな〜という軽い理由で理科教育は選びました。(おすすめはしません)

さて、最後に少し自分語りをさせてください。
私は、あまり自己肯定感が高い人間とはいえません。自分に自信がないために、自分の意見を持てず、周りをうかがってばかりでした。第一志望の大学さえ、自分の意思で決めたとは言い難い…。実際、志望した大学には落ちているのですが、今では、今この大学に通っているのも何かの縁だと思っています。流されに流されてきた反動で、「もう知らない!私は私の好きなことをやる!!」となった結果、今の私がいます。少し自棄になった状態で副免の科目を理科にしていなければ、寺子屋を紹介してくれたメンバーにも出会うことがなかったはずですしね。やっぱり、何かの縁があるんだなと思います。

性格は簡単には変わりませんが、寺子屋の活動を通して自分自身も成長していきたいなと思っています。もちろん、子どもに勉強の楽しさも伝えていきたいです。興味のあるものに対しては自然と向かっていくものです。多方面に向かう興味の矛先が、少しでも勉強にかかっているのならば、それを広げていく手助けをしたいと思います。楽しさを伝えるためには、何よりも、「自分が楽しむこと」が大切だと思います。私も私の人生を楽しむつもりです!



執筆: 岡山
文責: 福留

スキありがとうございます!
全国のカフェを空き時間にお借りして子どもたちの自学自習をお手伝いする、NPO法人 / 学生団体 Cafe de 寺子屋 の公式ホームページです☕️ メンバーの自己紹介記事はこちらへ移動しました→NPO法人 Cafe de 寺子屋 【ブログ】