「寺子屋の教育探究チーム」とは?

こんにちは!
今回は、寺子屋の教育探究チームについて紹介します!

【活動目的】

Cafe de 寺子屋の理想とする教育を探究し、実現することです!

【活動内容】

現在、Cafe de 寺子屋の教育方針として、「教えないで教える」と「プレゼント」の2つを掲げています。
しかし、これらの教育方針はあくまで「仮説」です。これらの教育方針が長期的に見て本当に子どもたちにとってよいものなのか、具体的にどのような方法を取るのが最適なのかなどについて、主に現場での検証を通して考えます。
直近では、以下の4つのことを実施する予定です。

1.振り返りシートの改定
毎回、寺子屋での活動終了後に、参加したメンバーで話し合いながら振り返りシートを記入し、全体で共有しています。
寺子屋の教育を探究するために適切な情報が得られるように、振り返りシートを改定します。

2.振り返りシートの内容を分析・共有・議論
データベースに蓄積された振り返りシートの内容から、良かった事例や、各寺子屋・メンバー個人が抱える課題などをまとめます。そして、まとめた内容を全体に共有します。さらに、その内容について、教育探究チーム以外のメンバーも含めて話し合う場を定期的に設けます。

3.子どもたちに書いてもらうノートの導入
振り返りシートでは、大学生の視点からの情報しか得られません。そこで、子どもたち視点の情報を得るために、子どもたちにノートを配り、感想などを記入してもらう予定です。振り返りシートと同様に、ノートの内容についても分析・共有・議論を行い、子どもたちにとってよりよい教育を提供できるようにします。

4.「対話会」の実施
寺子屋の教育方針のひとつである「教えないで教える」とは、答えや解き方を直接は教えず、対話を繰り返して子ども自身で気が付くように手伝う方法です。これを実践するためには、「対話」の技術が必要となります。そのため、練習の機会としてメンバー同士で対話を行う「対話会」を実施します。

【おわりに】

上記の4つだけではなく、
・教育に関する本や論文の輪読会
・学生メンバーの専門を生かした勉強会
・他の教育系団体との交流
・専門家による講演会の実施
なども検討しています。
私たちは、メンバー自身が楽しみながら教育について探究できる環境づくりを行っていきたいと考えています。大学生自身が楽しみながら学ぶ姿を見せることで、子どもたちも学ぶことを好きになってくれたら嬉しいです!

※「寺子屋の教育探究チーム」はスキルチームのひとつです。スキルチームについてはこちらをご覧ください。

スキありがとうございます!
10
全国のカフェをお借りして子どもの自学自習をサポートをする、NPO法人 / 学生団体 Cafe de 寺子屋 の公式ホームページです☕️