寺子屋の教育方針1 教えないで教える

寺子屋の教育方針1 教えないで教える

子どもたちが自学自習により主体的に学べるようにするために、寺子屋では、「教えないで教える」という教育方針をとります。

「教えないで教える」とは

答えはもちろん、解き方も直接は教えず、対話を繰り返し子ども自身で気づくようにすることです。

「教えないで教える」教え方のヒント

【前提】信頼

子どもを信じましょう。
すべてをすぐに教えてしまうのは、子ども(の可能性)を信じていない行動です。子どもが自分で気づくまで辛抱強く待ちます。
また、子どもの信頼を損なわないように誠実な言動をしましょう。信用と信頼は違います。信用とは、条件付きで信じること。信頼とは、条件なしで信じることです。そして、誠実とは自分の言葉に現実を合わせることです。

【基礎】観察

子どもを観察しましょう。
名探偵 シャーロック・ホームズのように。
シャーロック・ホームズの観察は、普通の観察ではありません。
常識にとらわれない視点を持ち、偏見を持たず常に本物(本質)を見ています。

ヒントは、子どものInput・Process・Output の中にあります。
そして、仮説を立てましょう。頭の中で仮説を戦わせてください。
その後に子どもにアプローチしましょう。反応を見ながら修正します。

【技術】対話

たくさん問いかけましょう。
哲学者 ソクラテスのように。
ソクラテスは、自分はわかっていると思い込んでいる人たちにたくさん問いかけ、わからないことに気づかせました。

対話をするときには、子どもを含め誰に対しても、縦の関係でなく、横の関係でなくてはいけません。縦の関係は評価や競争を生むからです。横の関係になるとは、叱ることも褒めることもしないということです。
相手の話は最後まで聞きます。そして対話を通して考えを言語化できるようにします。さらに考えを広げるお手伝いをします。
対話を通して、子どもが自分で気づけるように、わからないことがわかるように導きます。

寺子屋の教育方針2「プレゼント」についてはこちらをご覧ください。

スキありがとうございます!
全国のカフェを空き時間にお借りして子どもたちの自学自習をお手伝いする、NPO法人 / 学生団体 Cafe de 寺子屋 の公式ホームページです☕️ メンバーの自己紹介記事はこちらへ移動しました→NPO法人 Cafe de 寺子屋 【ブログ】