【メンバー紹介】活動に関する思い
見出し画像

【メンバー紹介】活動に関する思い

はじめまして!
山梨大学大学院 医工農学総合教育部 生命環境学専攻 修士2年の向井菫です。私が活動に参加したきっかけと、実際に活動してみて感じたことや得たことについてお伝えできたらと思います。

きっかけ

入学時まで、私にはこれといった趣味がありませんでした。しかし、大学に入学してから、やりたいことを実現させている方々に出会い、刺激を受けました。そこから、気になったことには何でも挑戦して世界を広げようと考えるようになりました。
そして実際に、学生カフェの運営や家具リユースのボランティア活動など、様々なことに取り組みました。その中のひとつとして、Cafe de 寺子屋の前身である、山梨での教育ボランティア(寺子屋ぴえぬ・甲府)に参加しました。

教育の知識や経験があったわけではないので、参加する前までは、はたして私にできることがあるのだろうかと考えていました。しかしお試しで参加させてもらった際に、「自分も小さい頃に、歳の近いお姉さんやお兄さんにわからないところを気軽に聞けたらよかったな」と感じました。また教育に熱い思いを持つ先輩方や友人に共感し、「地域の子どもたちが楽しく学べる場所づくりに貢献できればいいな」と思い、活動に参加することを決めました。

活動を通して感じたこと

私は寺子屋ぴえぬで、週に一度、子どもたちと勉強やお話をしています。活動してみて感じたことは、「子どもから学ぶことがたくさんある」ということです。

私が知らないことについて、詳しくお話をしてくれる子がいます。私が常識だと思い込んでいることに対し、「どうして?」と質問する子もいます。そのおかげで自分の視野が広がり、新しい知識を吸収するよいきっかけとなっています。それが、この団体に入って活動を続けていてよかったなと感じる部分です。

また、教育に関してはまだまだ勉強中で、どういった話し方・教え方がその子に合っているのか模索しながら実践しています。徐々に自分自身が成長していることを感じ、非常に楽しく活動させてもらっています。

おわりに

私はCafe de 寺子屋の認知度がまだ低いことや、塾と同じ存在だと認識されていることが課題だと感じています。これから全国で寺子屋が設立され、もっともっとCafe de 寺子屋の存在が世に浸透することで、学びに来てくれる子どもが増えることを願っています。
そして活動を通じて、私たちのミッションである「すべての価値観が尊重される中で、自分自身で判断し、言動を選択できる」そういった世の中ができていくといいなと考えています。

スキありがとうございます!
全国のカフェを空き時間にお借りして子どもたちの自学自習をお手伝いする、NPO法人 / 学生団体 Cafe de 寺子屋 の公式ホームページです☕️