新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

寺子屋ぴえぬ(甲府市)の様子②

山梨大学1年生の鈴木が寺子屋ぴえぬの様子をご紹介します!

__________________________________

北池:みなさんこんにちは!
「Cafe de 寺子屋」の活動紹介のお時間です。
本日のゲストは、山梨県の「寺子屋ぴえぬ」で活動されているスズさんです!よろしくお願いします!

スズ:よろしくお願いします!

北池:「寺子屋ぴえぬ」について簡単に説明させていただきます。
「寺子屋ぴえぬ」は現在、山梨大学、同大学院、山梨県立大学の学生、計15名で活動されている、県内唯一の「Cafe de 寺子屋」の寺子屋です。
ぴえぬのメンバーはどういった勉強をされている大学生がいるのですか?

スズ:教育学部の人をはじめ、看護学部や工学部、農学系や国際系の人など、多岐に渡る分野の人が活動に参加しています。

北池:色々な人と交流できるのは良いですね!
それでは普段はどのように活動されているのでしょうか?

スズ:普段は火曜日から金曜日までの週4日間で、時間は19:00~21:00までの2時間です。子どもたちが持ってきた学校の宿題などを自分のペースで進めてもらい、それを私たち学生が見守るという感じです。わからない問題に関しては、私たちが子ども達の様子を観察して声を掛けるか、子ども達が直接質問をするという形を取っています。

北池:なるほど。ただ黙って見ているだけではなく、しっかりと子ども達の様子を見て声を掛けてあげるんですね。わからない問題に関しては、どのように教えるのでしょうか?

スズ:その子がわかるところまで戻って、一緒になってその問題について考えます。直接答えるのではなく、具体例などを交えながら子ども達が自分で答えを発見できるように問を重ねていきます。

北池:それって結構難しいですよね…。
私なんかすぐに答えを教えたくなってしまいます!

スズ:そうなんですよ。
特に計算問題とかは答えや解き方を教えたくなってしまうのですが、
それでは子ども達が自分で考えたり試行錯誤したりといったことをする時間を奪ってしまうので、頑張って我慢しています。

北池:その他に苦労なさっていることはありますか?

スズ:自分が当たり前だと思っていることが子ども達には当たり前ではないので、どこまで教えるのかが難しいですね。
一度あったのが、分数をまだ習っていない子に分数の計算について必死に説明をしちゃったんですよ!

北池:小学生からしたら分数の考え方ってすごく難しいですよね…。
私も小学生の頃は、分数の計算がからっきしダメでした(笑)

スズ:分数って算数の中でも特に難しい分野ですからね…。
でも、子ども達に勉強を教えていく中で、相手に何かを教えたり正しく伝えたりすることの難しさを体感することができてとても良かったです!

北池:なるほど。子ども達と接することで多くのことを学んだわけですね。他にはどのようなことを子ども達から教えてもらっていますか?

スズ:色々ありますが特に印象深いのは、コロナ禍での学校の様子です。
一斉休校の影響で宿題が多く出されたり授業の進みが早かったりして、子ども達も勉強するのにとても苦労していました。

北池:学校での勉強が頼りになっている人からしたら、とてつもなく大変なことですよね…

スズ:それに加えて学校での行事も大きく制限されているみたいで、修学旅行が中止になったり運動会もクラスごとだったりしたらしいです。
給食の時間や休み時間もおしゃべり禁止だったそうです。

北池:子どもたちにも我慢が強いられていますね。

スズ:そうですね…。寺子屋ではずっと勉強をしているわけではなく、
休憩の時間や保護者の方のお迎えが来るまでの間に、
学校の様子や流行とかについて子ども達とおしゃべりをしたり、
一緒に本を読んだりと子どもたちの息抜きになることもしました。

北池:子どもたちからの寺子屋の評判はどうですか?

スズ:嬉しいことに、「寺子屋で勉強するのが楽しい!」と言って下さる子どもたちが大勢いました!保護者の方からも非常に好評で嬉しい限りです!

北池:素晴らしい取り組みですね。
感染症対策の方はどのように取り組まれているのでしょうか?

スズ:まずはお店の中に入る前に全員、アルコール消毒をします。
その後お店の中で石鹸を使って手洗いをします。
学生は寺子屋を終えて帰る際に、自分たちが使った机と椅子をアルコール消毒します。またマスクの予備を置いており、マスクを忘れた子どもたちにそれを渡しています。
今は感染症対策の専門家の方にご指導いただけるように準備をしています。

北池:専門家の方にご指導してもらえると、保護者の方などより一層安心して子どもたちを寺子屋に通わせることが出来そうですね。

北池:もうお時間がやってきました。
スズさん、最後に何かみなさんにお伝えしたいことはありますか?

スズ:今後も多くの子どもたちの学びをサポートできるように頑張ります!
寺子屋ぴえぬにご興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください!

北池:ありがとうございました!
今回は山梨県甲府市で活動している「寺子屋ぴえぬ」さんの紹介でした!
また次の記事にてお会いしましょう!

__________________________________

こちらでも寺子屋ぴえぬの様子をご紹介しています。
寺子屋ぴえぬ(甲府市)の様子③

スキありがとうございます!
全国のカフェをお借りして子どもの自学自習をサポートをする、NPO法人 / 学生団体 Cafe de 寺子屋 の公式ホームページです☕️