見出し画像

【特徴②】子どもたちへのプレゼント

こんにちは。
今回は、寺子屋の2つ目の特徴である、子どもたちへの「プレゼント」について紹介します。

1つ目の特徴の「教えないで教える」についてはこちらをご覧ください。


寺子屋での「プレゼント」とは、

現段階で子供がひとりでできる学び+αの学びとそのきっかけのことです。

寺子屋では3種類のプレゼントを行っています。


① 自立性を高めるプレゼント
自分の言動を選び、自主的に人や物事に関わることができる。

(具体例)
子ども 「大学で何を勉強しているの?」
大学生 「日本と外国のことや、英語を勉強しているよ」
「あなたは何が好き?」 「どんなことを学びたい?」


② 有能感を高めるプレゼント
新しいことを学び、人として成長できる。

(具体例)
子ども 「魚に塩を振る」という書き取りをしている
大学生 「なんで魚に塩を振るかわかる?」
「昔は調味料の価値が高かったらしいよ。家にある調味料を調べたら面白いかもしれないね。」


③ 関係性を高めるプレゼント
他者とかかわり、お互いに尊重しあう関係を築くことができる。

(具体例)
子どもの話を 「共感」の姿勢でたくさん聞いた 
小学生と中学生が話す機会を自然と作れた


このように寺子屋では、大学生が子どもたちにたくさんのプレゼントをしていきます。

スキありがとうございます!
1
Cafe de 寺子屋は2020年4月に設立された教育ボランティア活動を行うインカレサークルです!空き時間のカフェを借りて子どもの自学自習をサポートしています☕️現在東海地方を中心に約50名のメンバーがいます。ご連絡はこちら→info@cafe-de-terakoya.or.jp