見出し画像

【メンバー紹介】不登校だった私

はじめまして、こんにちは!
日本女子大学、教育学科1年の鈴木さくらです。

桜の木のように何があっても折れず、負けない、強い心を持った人になってほしいという理由で、「さくら」になったそうです。この名前の由来を聞いたのは、小学生のときでした。

私は小学生3年生のときに転校をしたのですが、なかなか馴染めず不登校になりました。勉強が嫌いなわけではなく、友達から意地悪をされるわけでもない、そんな環境でした。
ですが、私は学校に行きたくありませんでした。

無理して頑張って学校に行ったとしても、ストレスと緊張で給食が食べられず、給食の30分間ずっと牛乳を飲んでいるふりをしていました。笑
今考えると、「なんであんなに悩んでいたのだろう」と思いますが、その時の私にとっては私の人生の中で最大の山だったわけです。

そんな私の心を楽にしてくれたのが、学校のカウンセラーの方です。週に1回だけカウンセラーの方が来てくれるのですが、その日だけはカウンセラー室に登校して、お話をするというのが日課でした。そこから徐々に慣れていき、小学校高学年は学校生活をとても楽しむことが出来ました!

「学校に行きたくない」という気持ちも、「学校がすごく楽しい!」という気持ちも両方経験したことがあるからこそ、アドバイスや相談に乗れることもあると思います。この経験を活かして、教員という立場で生徒の不安を解消したいと思い、今は小学校教諭を目指しています

不登校の生徒でも、誰かと話したい、学びたいという方がいます。このような気持ちを持った方が気軽に来やすく、人と話せて、成長できる場を作りたいと思い、Cafe de 寺子屋に参加しました。

学校とは少し違った、一人ひとりに合った学びを提供できるよう頑張ります。

スキありがとうございます!
全国のカフェをお借りして子どもの自学自習をサポートをする、NPO法人 / 学生団体 Cafe de 寺子屋 の公式ホームページです☕️