寺子屋の教育方法2 プレゼント

寺子屋では、大学生から子どもたちに「プレゼント」を渡すようにしています。 

▽ プレゼントとは

現段階で、ある子どもがひとりでできる学び +α の学び、および、学びのきっかけのことです。


▽「プレゼント」の種類

1. 自律性を高めるプレゼント

自らの言動を選び、主体的に対象と関わることの役に立った

2. 有能感を高めるプレゼント

技術を磨き、新しいことを学び、人間として成長することの役に立った

3. 関係性を高めるプレゼント

他者と深く結びつき、お互いに尊重し合う関係を築くことの役に立った


▽プレゼントの具体例

1. 自律性を高めるプレゼント

子どもに「大学では何の勉強をしているの?」聞かれたときに、学んでいることを紹介して、「あなたは何が好き?」「あなたはどんなことをやりたい?」と問いかけた。
子どもたちのそばで自身も主体的に学び、見本になった。

2. 有能感を高めるプレゼント

子どもが「魚に塩をふる」という書き取りをしていた時に、「どうして魚に塩をふるんだろう?」と問いかけ、魚に塩を振る理由を、浸透圧の視点から一緒に考えた。
また、昔は調味料の価値が高かったという話をし、家やスーパーで、調味料を調べてみるとおもしろいよと伝えた。

3. 関係性を高めるプレゼント

子どもの話を共感の姿勢でたくさん聞いた。
小学生と中学生が話す機会を自然につくれた。

プレゼントの際にも、「教えないで教える」ことを意識します。寺子屋の教育方法1「教えないで教える」についてはこちらをご覧ください。

スキありがとうございます!
全国のカフェをお借りして子どもの自学自習をサポートをする、NPO法人 / 学生団体 Cafe de 寺子屋 の公式ホームページです☕️